Skip to main content

コンタクトレンズの正しいつけ方 ~装用前の準備や手順~

コンタクトレンズの装用は、人によっては慣れるまで時間がかかる場合もあります。間違ったつけ方をしていると目にキズがついたり、装用に時間がかかってしまったりします。

この記事ではコンタクトレンズを初めて使う方のために、基本のつけ方とコツをご紹介します。

目次
1 コンタクトレンズのつけ方
 1.1 装用前の準備
 1.2 目を大きく開き、コンタクトレンズをのせる
2 練習と慣れも必要
3 まとめ

 

 

コンタクトレンズのつけ方

コンタクトレンズにはさまざまな種類がありますが、基本的なつけ方はどれも同じです。

 

 

装用前の準備

コンタクトレンズをつける前は石鹸で手を洗い、汚れを落としましょう。洗った後はしっかりと手を拭き、水分が残らないようにします。爪が伸びている場合は短く切っておいてください。

 

ケースなどからレンズを取り出したら、保存液ですすぎます(1dayタイプをのぞく)。指の上にのせてレンズに異常がないかチェックしましょう。ソフトコンタクトレンズの場合、レンズの表裏も忘れずに確認しましょう。

 

 

目を大きく開き、コンタクトレンズをのせる

人さし指の上にコンタクトレンズをのせ、同じ手の中指で目の下側を押さえて、下まぶたを下に引っ張ります。そのまま反対の手の指を使って上まぶたを上に引き上げ、目を大きく開きましょう。

人さし指を目に近づけてレンズをくろ目の上にのせ、ゆっくりと指を離します。鏡を見てきちんとレンズがのっているか確認しましょう。

 

 

練習と慣れも必要

コンタクトレンズを使用している方からは「目が小さくて入れづらい」「レンズが指から離れない」という声もよく聞かれます。これらは目を大きく開いたり、しっかりと手の水分を拭いたりするなど、上記のつけ方を守ることで改善することがあります。

 

最初はうまくいかないかもしれませんが、眼科で練習したり慣れたりしていくことで、上達していくはずです。

 

 

まとめ

目に直接のせて使うコンタクトレンズは、正しいつけ方と使用方法を守ることが大事です。まずはご紹介した方法を覚え、気持ちよく使えるようにしていきましょう。