Skip to main content

サイト内検索

サイト内検索

結膜炎でもコンタクトレンズをしてもいい?コンタクトレンズと結膜炎の関係

コンタクトレンズは、見えづらさを矯正してくれる便利なものです。その反面、正しく使用しないと、目のトラブルや病気につながりかねません。代表的な目の病気のひとつとして、結膜炎があげられます。ここでは、コンタクトレンズと結膜炎の関係についてお伝えします。

 

目次

1 結膜炎とは?

  1.1 ウイルス性結膜炎

  1.2 細菌性結膜炎

  1.3 アレルギー性結膜炎

2 結膜炎でもコンタクトレンズはつけていい?

3 まとめ

 

結膜炎とは?

そもそも結膜とは、どの部分を指すのでしょうか。結膜とは、しろ目の表面からまぶたの裏側までを覆っている薄い透明の粘膜のことです。細菌やウイルスが目の中に侵入するのを防ぐ役割があります。

結膜炎になると、結膜が赤くなって充血したり、目やにや涙が増えたりします。目が赤くなると「結膜炎かも?」と多くの人が思うほど、比較的知名度の高い目の病気です。だからといって軽んじていると、重症化する可能性があるので注意が必要です。

結膜炎には、細菌やウイルス性のものとアレルギー性のものがあり、それぞれ症状が異なります。

 

ウイルス性結膜炎

いわゆる「はやり目」は、アデノウイルスに感染することで発症します。片眼に、充血やまぶたの腫れなどがみられ、大量に目やにが出るのが特徴です。多くの場合、数日後にはもう片方の目にも同様の症状が現れます。

 

細菌性結膜炎

黄色ブドウ球菌や肺炎球菌などの細菌に感染することで生じる結膜炎です。細菌性の結膜炎にかかると、膿のような粘りのある目やにが大量に出ます。また、充血や結膜のむくみといった症状が現れます。

 

アレルギー性結膜炎

花粉やハウスダストなどのアレルゲンが目の粘膜に付着することで、結膜に炎症が起こります。目のかゆみや充血、異物感、涙目などの症状があり、目やにが出ることもあります。

 

結膜炎でもコンタクトレンズはつけていい?

結膜炎にかかっているときに、コンタクトレンズをつけていると、症状が悪化する可能性があります。また、一口に結膜炎といってもさまざまなタイプがあり、それぞれ治療薬も異なるのですが、コンタクトレンズを装用した状態では点眼できる目薬も限られてしまいます。

結膜炎かな?と思ったら、直ちにコンタクトレンズをはずして、必ず眼科を受診しましょう。

 

まとめ

結膜炎と言っても原因がいろいろあります。また、一見結膜炎かと思っても、実は違う病気である可能性もあります。結膜炎かな?と思ったら、コンタクトレンズをはずして、すぐに眼科を受診してください。

関連記事

さあはじめましょうコンタクト

お近くのアキュビュー® 取扱い店をさがす

アキュビュー® 公式のオンラインストア

眼科へ行こう

眼科へ行こう!