Skip to main content

海で泳ぐときにコンタクトレンズははずすべき?ゴーグルをすればOK?

暑くなってくると、多くの人が海水浴へ出かけます。せっかく海で遊ぶなら、シュノーケリングやダイビングを楽しみたい!という人も多いかもしれません。では、コンタクトレンズをつけて海で泳いだり、マリンスポーツを楽しんだりしてもいいのでしょうか。この記事では、海でのコンタクトレンズの使用について解説します。

 

目次

1 海ではコンタクトレンズをはずすべき

  1.1 コンタクトレンズが変形する

  1.2 コンタクトレンズがはずれる

2 ゴーグルをすればコンタクトレンズをつけてもOK?

3 まとめ

 

海ではコンタクトレンズをはずすべき

海でコンタクトレンズを使ってもいいのでしょうか。結論からいうと「NO」です。コンタクトレンズをつけたまま海に入ると、次のようなリスクがあります。

 

コンタクトレンズが変形する

ソフトコンタクトレンズは水を含む素材でできており、海水と接触すると浸透圧の違いから、レンズが変形する可能性があります。

 

コンタクトレンズがはずれる

コンタクトレンズを装用しながら泳いでいるときに、目に水が入るとコンタクトレンズがはずれて、海に流されてしまう可能性があります。

 

ゴーグルをすればコンタクトレンズをつけてもOK?

ゴーグルをしていても、完全に水をシャットアウトできるわけではないため、コンタクトレンズが変形したり、はずれたりする可能性は拭えません。そのため、ゴーグル装用の有無にかかわらず、コンタクトレンズをはずしましょう。

 

まとめ

海でコンタクトレンズを使うと、レンズが変形したり、レンズを紛失したりする可能性があります。また、海には多くの微生物が生息しています。楽しい休日がトラブルで台無しにならないよう、正しくコンタクトレンズを使いましょう。