乱視度数や円柱軸の見方とは?コンタクトレンズに関する用語を解説

その悩みの原因は、もしかしたら乱視かも?アキュビュー® 乱視用を使ってみませんか 詳しくはこちらその悩みの原因は、もしかしたら乱視かも?アキュビュー® 乱視用を使ってみませんか 詳しくはこちら

コンタクトレンズを使用している方は、パッケージに記載されている記号や数字に一体どんな意味があるのか、疑問に思ったことがあるかもしれません。これらの記号や数字は、レンズの形状や度数(レンズの矯正力のこと)に関する情報を表しています。一見すると難しいように思えるかもしれませんが、見方を覚えてしまえば、レンズに関する情報を簡単に読み取ることができるようになります。
ここでは、コンタクトレンズのパッケージに表示されている情報の読み方や用語の意味などを解説します。

乱視とは

乱視とは近視や遠視と同じ屈折異常の一つで、光を屈折させる角膜や水晶体の形に歪みがあることから、網膜上の一点に焦点を結ぶことができない状態です。近視であれば、ものを目に近づければ焦点が合う距離があるのですが、乱視では見るものとの距離に関係なく二重に見えたりぼやけたりします。実は遠視でもそのようにみえますが、特定の方向にブレてみえるのが乱視の見えにくさの特徴です。

コンタクトレンズの規格表示

コンタクトレンズの外箱やパッケージ(ブリスター)には、レンズに関するさまざまなデータが記載されています(規格表示といわれます)。なかでも、BC(Base Curve、レンズ内面のカーブ)、D(Diopter、レンズの屈折力の単位)、DIA(Diameter、レンズの直径)は、全タイプのレンズに表示されています。また、EXP(Expiration Date、使用期限)も記載されていますので、必ず使用期限内に使用しましょう。
これらのデータに加えて、乱視用コンタクトレンズには、CYL(Cylinder、円柱屈折力[乱視度数])やAXIS(Axis、円柱軸)に関する情報も記載されています。

コンタクトレンズに記載されている用語説明

コンタクトレンズの外箱やブリスターに記載されているアルファベットの略号には、下のような意味があります。

  • BC(ベースカーブ):レンズ内面の曲がり具合(曲率半径[mm])を表しています。例えば「BC9.0」は、レンズ内面のカーブが半径9.0 mmの円の円周に等しい、という意味です。
  • POWER/PWR/P/D/SPH(度数):いわゆるコンタクトレンズの度数(球面度数)のことで、近視用はマイナス(–)、遠視用はプラス(+)で表されます。-3.00などと表します。また、度数が入っていないレンズは、「POWER:0.00」などと記載されます。
  • DIA(直径):レンズの直径(mm)を表しています。
  • EXP(使用期限):未開封の状態でのコンタクトレンズの使用期限です。レンズの有効性、安全性、性能などを保証できる期限が示されています。
  • CYL(乱視度数)*:乱視度数のことです。上記のPOWERとは異なり、円柱レンズの度数(乱視に関する度数)のみを示しています。
  • AXIS(円柱軸)*:乱視の角度を表しています。

*乱視用コンタクトレンズには、球面レンズと一方向にのみ屈折力をもつ円柱レンズの両方が組み入れられています。

コンタクトレンズを使用する際の注意点

レンズの性能の進歩と種類の多様化、ケア用品の改良・進化、購入方法が増えたこと、さらには使用開始年齢の低下などによって、コンタクトレンズ使用者数は年々増え続けています。その一方で、レンズの誤った取り扱いにより、目のトラブル(感染症、ドライアイ、アレルギー、酸素不足など)を起こす人も増えています。コンタクトレンズは、デリケートな目に直接装用する「医療機器」です。以下の点に気を付け、正しく使用してください。

  • 必ず製品の添付文書を読む:コンタクトレンズの使用前には添付文書をよく読み、書かれている取り扱い方法にしたがって正しく使用してください。
  • 手指を清潔に:コンタクトレンズに汚れや細菌などが付かないように、着脱前には必ず石鹸で手指を洗いましょう。
  • 装用時間を守る:眼科医から指示された装用時間を守りましょう。
  • レンズの使用期間を守る:各製品には決められた使用期間があります。1 日用レンズを2日以上にわたって使ったり、2週間用のレンズを2週間以上使い続けたりしてはいけません。
  • 使用期限を過ぎたレンズを装用しない:コンタクトレンズには、有効性、安全性、性能などを保証できる期限があります。外箱やブリスターに書いてある使用期限を過ぎたものは使用しないでください。
  • 適切にケアを行う:コンタクトレンズを安全に使用するには、日々のケアが欠かせません。添付文書にしたがって、毎日きちんとレンズケアを行いましょう(1日タイプを除く)。
  • 必ず定期的に検査を受ける:毎日問題なく装用できているように思えても、知らないうちに目やレンズに傷がついていたり、目に病気が起きていたりすることがあります。コンタクトレンズを装用している人は、必ず眼科で定期検査を受け、レンズの状態やフィッティング、目の健康状態などをチェックしてもらいましょう。
    また、定期検査のスケジュールは、眼科医の指示に従いましょう。

レンズが瞳の動きにシンクロする。
アキュビュー® 乱視用レンズはこちら

ワンデー アキュビュー® オアシス® 乱視用

乱視用コンタクトレンズを買う前に

乱視用コンタクトレンズを購入する前は眼科医の検査・処方を受けるようにしましょう。すでにメガネを持っている人は、メガネのデータが手元にあるかもしれませんが、メガネとコンタクトレンズの度数は常に一致するわけではありません。改めて眼科医の検査を受けて、処方に基づくレンズを購入しましょう。

まとめ

コンタクトレンズの外箱やブリスターには、ベースカーブや度数など、レンズに関するさまざまな情報が書かれています。ご自身が使っているレンズの情報を知りたくなった時は、上の解説を参考にして、書かれている数値を確認してみてください。
また、コンタクトレンズは、以前に比べてケア方法が簡単になったとはいえ、取り扱いを誤ると目のトラブルを招いてしまうこともあります。快適なコンタクトレンズライフを送るために、添付文書をよく読んで正しいレンズの扱い方を身につけましょう。

参考サイト

その悩みの原因は、もしかしたら乱視かも?アキュビュー® 乱視用を使ってみませんか 詳しくはこちらその悩みの原因は、もしかしたら乱視かも?アキュビュー® 乱視用を使ってみませんか 詳しくはこちら

Acuvueから乱視用新製品が登場

ワンデー アキュビュー® オアシス® 乱視用 なら、
まばたきを科学した独自のデザインで、
レンズが乱視の方向にすばやく合致。
さまざまな目の動きに対してもシンクロし、
シャープな視界が続きます。

ワンデーアキュビューオアシス乱視用

レンズが瞳の動きにシンクロ。
どんなシーンだってブレない。クリアな視界続く。

ワンデーアキュビューオアシス乱視用

装用感の秘密を詳しく知る

関連記事

関連するアキュビュー® のコンタクトレンズ

ワンデーアキュビューオアシス乱視用

はじめてのコンタクトレンズガイド 調光機能を知る 購入方法を知る

コンタクトレンズを探す

1日使い捨てコンタクトレンズ

お手入れ方法
1日使い捨てのコンタクトは毎朝新しいレンズを使い、夜にはそのレンズは捨ててしまいます。よって、レンズケア商品を購入する必要はありません。

ライフスタイル
1日使い捨てのレンズはお手入れが簡単で扱いやすく、はじめてコンタクトをお使いになる方や、活発なライフスタイルをお過ごしの方におすすめです。

2週間交換コンタクトレンズ

お手入れ方法
毎日のシンプルなレンズケアで、安全に、そして清潔にご使用いただけます。夜間はコンタクト専用の保存液につけてください。

ライフスタイル
こちらのコンタクトは開封してから2週間お使いいただけます。安全に、そして清潔にお使いいただくために、毎日のシンプルなレンズケア(洗浄・消毒)を行い、夜間はコンタクト専用の保存液につけてください。

さあはじめましょうコンタクト

お近くのアキュビュー® 取扱い店をさがす

アキュビュー® 公式のオンラインストア

◎コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず事前に眼科医にご相談のうえ、検査・処方を受けてお求めください。
◎ご使用前に必ず添付文書をよく読み、取扱い方法を守り、正しく使用してください。
特にご注意いだきたいこと
●使用期間を超えることなく、定期的に新しいレンズと必ず交換してください(2週間交換タイプ)。
●使用済みレンズは再装着しないでください(1日使い捨てタイプ)。
●装用スケジュールおよび装用時間を正しく守ってください。
●定期検査は目に異常を感じなくても必ず受けてください。
●少しでも異常を感じたら、直ちにレンズをはずして眼科医の検査を受けてください。
●連続装用はできません。眠るときは必ずレンズをはずしてください。
●適切なレンズケアを行ってください(2週間交換タイプ)。

販売名:ワンデー アキュビュー モイスト 承認番号:21600BZY00408000

販売名:アキュビュー オアシス 承認番号:21800BZY10252000 ®登録商標

※ 装用感、見え方には個人差があります。

 
url

pagename」のサイトに遷移します。

ご注意

このリンク先には、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社ビジョンケア カンパニーのプライバシーポリシーは適用されません。リンク先のウェブサイトにおける個人情報の取扱いについては、当社は責任を負いかねます。当該リンク先のプライバシーポリシーをお客様ご自身でご確認ください。続行する場合はOKを押してください。

OK
×