Skip to main content

乱視度数・乱視軸とは? 乱視用コンタクトレンズ特有のデータの意味を知ろう

「ものがブレて見える」「文字を区別しづらい」「夜になると見えにくい」。このような症状は乱視のサインかもしれません。乱視の矯正方法の一つにコンタクトレンズがありますが、購入の際に近視用・遠視用にはない「乱視度数」と「乱視軸」のデータが必要になります。この記事では、乱視用コンタクトレンズを購入する際に大切な乱視度数・乱視軸についてご紹介します。

 

目次

1 乱視とは

2 コンタクトレンズの規格表示

3 CYL(乱視度数)とは?

4 AXIS(乱視軸)とは?

5 乱視用コンタクトレンズを買う前に

6 まとめ

 

乱視とは

乱視とは近視や遠視と同じ屈折異常の一つで、光を屈折させる角膜や水晶体の形に歪みがあることから、網膜上の一点に焦点を結ぶことができない状態です。近視であれば、ものを目に近づければ焦点が合う距離があるのですが、乱視では見るものとの距離に関係なく二重に見えたりぼやけたりします。実は遠視でもそのようにみえますが、特定の方向にブレてみえるのが乱視の見えにくさの特徴です。

 

コンタクトレンズの規格表示

コンタクトレンズの外箱やパッケージには、レンズに関するさまざまなデータがアルファベットで記載されています。

 

どんなタイプのレンズにも共通する項目が「BC」「DIA」「D」のデータです。BC(BaseCurve)はレンズ内面のカーブ、DIA(Diameter)はレンズの直径、D(Diopter)はレンズの度数を表しています。Dはメーカーによって表記が異なりますが、「PWR」「P」「SPH」と書いてあってもすべてレンズの度数を意味します。

 

乱視用コンタクトレンズの場合は、これらに加えて乱視特有の「CYL」や「AXIS」というデータが加わります。乱視用コンタクトレンズ以外の製品にはこれらの記載はありません。「CYL」は「C」や「CY」と、「AXIS」は「AX」と表記されることもあります。

 

CYL(乱視度数)とは?

「CYL」「C」「CY」(Cylindrical)はいずれも同じ意味で、「乱視度数(円柱度数)」のことです。数値が大きくなるほど強い乱視を矯正することができることを表しています。

 

AXIS(乱視軸)とは?

乱視度数と同じく乱視用コンタクトレンズ特有データである「AXIS」または「AX」は、「乱視軸」を表しています。乱視はその角度によってものが二重に見える方向が異なります。乱視軸とは乱視の角度のことで、0〜180度の数値で表されます。

 

適切な乱視軸と乱視度数のレンズを装用することで、角膜や水晶体の縦・横の屈折力のアンバランスが矯正され、ものがはっきりとみえるようになります。

 

乱視用コンタクトレンズを買う前に

乱視用コンタクトレンズを購入する前は必ず眼科医の検査・処方を受けてください。すでに乱視用のメガネを持っている人は、メガネの乱視度数や乱視軸のデータが手元にあるかもしれませんが、メガネとコンタクトレンズでは常に度数が一致するわけではありません。改めて眼科医の検査を受けて、最新の処方に基づくレンズを購入しましょう。

 

まとめ

乱視用コンタクトレンズは、自分の目に合った乱視度数と乱視軸のレンズを処方してもらいましょう。その上で、目の動きに対応してレンズが安定しやすいこと、長時間装用しても違和感が少ないなど、つけ心地のよさでも比較してみてください。