Skip to main content

サイト内検索
サイト内検索

目の検査について -検査の種類や方法

痛みや違和感など、目に問題を感じていない場合、つい足が遠のきがちになってしまう目の検査。しかし、特に自覚症状がなくても、眼科での定期検査を受けることは大切です。この記事では、目の検査の種類について解説します。

 

目次

1 目の変化は自分では気づきにくい

2 主な検査の種類と方法

 2.1 自覚的屈折検査(視力検査)

 2.2 他覚的屈折検査(機械による屈折検査)

 2.3 細隙灯顕微鏡検査

 2.4 眼圧検査

 2.5 眼底検査

 2.6 視野検査

3 まとめ

 

目の変化は自分では気づきにくい

目の病気の中には、初期の段階では自覚症状がない・乏しいものもあります。自覚症状が現れる頃には、かなり進行しているケースも少なくありません。目の健康をまもるためにも、定期的に目の検査を受けましょう。

 

主な検査の種類と方法

自覚的屈折検査(視力検査)

検査表を使って、近視や遠視、乱視の度合いを測定します。普段使っているコンタクトレンズやメガネが目にあっているかどうかも調べます。
 

他覚的屈折検査(機械による屈折検査)

オートレフケラトメータと呼ばれる機械をのぞき込み、気球や家の映像などを見る検査です。目の屈折力を測定して、近視、遠視、乱視の度数を測ります。視力検査とは異なり、被検者の返答は検査の結果に影響しないため、他覚的屈折検査と呼ばれます。

 

細隙灯顕微鏡検査(さいげきとうけんびきょうけんさ)

目を拡大して観察するための顕微鏡を用いて、角膜(くろ目)・結膜(しろ目)・眼の中(前方のみ)・水晶体を診察します。検査用の蛍光色素を用いると、涙の状態も細かく観察することができます。角膜の傷や炎症、ドライアイ、結膜炎、白内障といった症状がないかを調べます。
 

眼圧検査

目の表面に空気をあてて、眼圧を測定する検査です。眼圧が高いと、緑内障などの病気の可能性が考えられます(眼圧が高くならない緑内障も多くあります)。

眼底検査

眼底検査では目の奥にある網膜や視神経乳頭などを観察します。加齢黄斑変性などの網膜の病気や、緑内障などの視神経の病気がわかります。

視野検査

視野検査では、正面を見ているときの視界の広さと、光を感じる力を調べます。

片目ずつ検査を行い、見えている範囲を調べることによって異常がないか診断します。

 

まとめ

さまざまな目の検査により、目の健康状態を確認することができます。トラブルをできるだけ早く発見し、目の健康を維持するためにも、定期的に目の検査を受けましょう。

 

※ここで解説した検査方法のうち、どの検査が必要なのかは眼科医の判断によります。

 

さあはじめましょうコンタクト

お近くのアキュビュー® 取扱い店をさがす

アキュビュー® 公式のオンラインストア

眼科へ行こう

眼科へ行こう!