Skip to main content

遠近両用とは? コンタクトレンズやメガネの種類を解説

老眼の症状が出てきて困っている人の中には、遠近両用のコンタクトレンズやメガネの使用を検討している方も多いでしょう。

今回は遠近両用のコンタクトレンズやメガネの種類について解説します。

 

 

目次

1 遠近両用とは?

2 遠近両用コンタクトレンズの種類

3 遠近両用メガネの種類

4 まとめ

 

 

遠近両用とは?

年齢とともに水晶体が硬くなり調節力が弱まることで、見たいものの距離に応じて焦点を合わせることが難しくなる症状を老眼といい、老眼の悩みを持つ方のために、近くと遠く両方の視力を矯正するレンズが、遠近両用と呼ばれています。

コンタクトレンズにもメガネにも遠近両用のものがあります。

※遠くの視力を矯正する必要のない方も遠近両用を使用することができます。

 

 

遠近両用コンタクトレンズの種類

コンタクトレンズにはハードレンズとソフトレンズの2種類あります。

遠近両用コンタクトレンズの場合、ハードレンズには交代視タイプといわれるものがあり、視線を変えることで遠くを見るための度数と近くを見るための度数を使い分け、ピントを合わせます。ソフトレンズには同時視タイプが採用されており、どこを見ている時も、遠く用の度数と近く用の度数の両方を使う作りになっています。最近はハードレンズでも同時視タイプのものがあります。

 

ピントの合わせ方以外にも2種類のレンズ構造があります。

 

バイフォーカル(BF):遠用・近用の2種類の度数のみがレンズに存在しています。

マルチフォーカル(MF):遠用・近用の2種類の度数に加え、その2つの度数の間の度数もレンズに存在しています。

 

遠用部・近用部の配置は、コンタクトレンズのメーカーによって異なります。どのメーカーの遠近両用コンタクトレンズが適しているか、眼科医に相談して決めるようにしましょう。

 

 

遠近両用メガネの種類

遠近両用のメガネとは、メガネのレンズの上の部分に遠くを見るための度数、下の部分に近くを見るための度数が入っているものをいいます。1つのメガネで、視線を上下に動かすことで、遠くと近く、両方の度数を使い分けています。見える仕組みは交代視タイプの遠近両用コンタクトレンズと非常に似ています。遠近両用のメガネのレンズには、主に以下の2種類があるといわれています。

 

累進多焦点レンズ

遠くを見るための度数(レンズ上部)と近くを見るための度数(レンズ下部)があり、その間に、両方の度数を埋める度数が緩やかに変化して配置されているレンズです。上下のレンズの境目が分からないため、外観は一般的なメガネと変わりません。

 

二重焦点レンズ

遠くを見るためのレンズに、近くを見るための度数が固定された小窓がついているレンズです。小窓の配置や大きさはさまざまです。小窓が見て分かるため、遠近両用メガネをかけていることが他人からもわかります。

 

 

まとめ

遠近両用コンタクトレンズやメガネは、1枚のレンズに異なる度数が使用されているため、度数の配置の仕方などにより、見え方は製品により様々です。

近年では、より自然な見え方になるように改良されたものも出てきています。

老眼でお困りの方は、ぜひ一度、眼科医に相談してみてください。