Skip to main content

コンタクトレンズをつけっぱなしで寝てしまった場合の対処法は?

コンタクトレンズをつけたまま寝てしまった…なんてことはありませんか?この記事では、コンタクトレンズをつけたまま寝てはいけない理由とともに、コンタクトレンズをはずさずに寝てしまったときの対処法も紹介していきます。

 

目次

1 寝る際にコンタクトレンズをつけてはいけない理由

2 コンタクトレンズをしたまま寝てしまったら?

3 まとめ

 

寝る際にコンタクトレンズをつけてはいけない理由

起きている時の目は、空気中から酸素を取り入れています。ところが、寝ている間はまぶたを閉じてしまうため、酸素の供給量が減ってしまいます。コンタクトレンズを装用したまま寝てしまうと、さらに酸素の供給量が減ってしまい、角膜に必要な酸素が十分に届かなくなってしまいます。

 

目が酸素不足になると、角膜表面のバリア機能が低下してしまい、感染症を引き起こす可能性があります。

寝るときには、必ずコンタクトレンズをはずしましょう。

※ 眼科医の処方を受けた連続装用可能なレンズの場合を除く

 

コンタクトレンズをしたまま寝てしまったら?

うっかりコンタクトレンズをしたまま寝てしまった!という時には、速やかにはずし、目を休ませるようにしましょう。コンタクトレンズがはずれない場合は無理やりはずすのではなく、目薬を使用するなどして目とレンズに水分を与えて潤わせた後にはずすようにしましょう。

もしそれでもはずれない場合や違和感や痛みがある、などがあれば、すぐに眼科医の診療を受けましょう。

 

まとめ

どんなに疲れていても、コンタクトレンズをはずしてから寝るようにしましょう。また、もしもコンタクトレンズを装用したまま寝てしまい、目に異常があると感じた場合は、眼科を受診しましょう。