Skip to main content

サイト内検索
サイト内検索

目に優しいディスプレイの設定について

パソコンやスマートフォンは、日常的に使用する便利なツールですが、長時間画面を見続けると目が疲れやすくなるのが悩ましいところです。今回は、目の負担を軽減するために、簡単にできるディスプレイの設定方法についてご紹介します。

 

目次

1 輝度(明るさ)の調節

2 フォントサイズの調節

3 ディスプレイからのブルーライトを抑える

4 おわりに

 

輝度(明るさ)の調節

パソコンモニターやスマートフォンのディスプレイの輝度(画面の明るさ)は、初期設定では高めに設定されていることが多いです。そのため、そのままの状態で使用していると、明るすぎてしまい、目に負担がかかってしまうことがあります。

 

使用する場所の明るさに合わせて、ディスプレイの輝度を調節することで、目への負担をやわらげることができます。パソコンもスマートフォンも、設定画面で簡単に調節できるので、試してみてください。

 

フォントサイズの調節

ディスプレイのフォントサイズが小さいと読みづらくなり、目を疲れさせることにつながりやすくなります。フォントサイズを読みやすい大きさに変更することで、目の負担がやわらぐでしょう。

 

ディスプレイからのブルーライトを抑える

パソコンやスマートフォンのディスプレイからは、ブルーライトという可視光線が放出されています。ブルーライトがまぶしさの原因となり、目に負担がかかる可能性があります。

 

ブルーライト対策用のメガネやディスプレイに貼るフィルターなどを使用することにより、ブルーライトの軽減が期待できます。

 

おわりに

パソコンやスマートフォンのディスプレイの見すぎは、目の疲れにつながるとされています。仕事でパソコンを使用している場合は、どうしても長時間画面を見続けることになるため、目に優しいディスプレイの設定は大切といえます。パソコンやスマートフォンのディスプレイを適切に設定して、目の健康を守りましょう。

関連記事

さあはじめましょうコンタクト

お近くのアキュビュー® 取扱い店をさがす

アキュビュー® 公式のオンラインストア