Skip to main content

サイト内検索

サイト内検索

眼精疲労とは?頭痛などの全身症状との関係は?

市販薬を服用したりマッサージを受けたりしても、頭痛や肩こりがよくならない……。その症状は、もしかしたら眼精疲労かもしれません。この記事では、眼精疲労とは何か、また、眼精疲労と頭痛の関係について解説します。

 

目次

1 眼精疲労とは?

2 眼精疲労と頭痛などの全身症状との関係について

3 まとめ

 

眼精疲労とは?

目を使う作業を続けることによって、目のかすみや充血などの目の症状があらわれ、睡眠などの休養をとっても十分に回復しない場合、それは眼精疲労かもしれません。

 

近年では、スマートフォンやパソコンが普及して便利になった反面、長時間ディスプレイを見続ける人が増えており、それにより眼精疲労を訴える人が増えているともいわれています。

 

また、度数が合わないコンタクトレンズやメガネを使ったり、乱視や遠視があるのに矯正しなかったりすると、ピントを調節する目の筋肉に無理が生じて、目が疲れやすくなってしまい、眼精疲労を訴える人もいます。

 

眼精疲労と頭痛などの全身症状との関係について 

眼精疲労は、「眼」という字を含むことから、目にあらわれる症状を指すと思われがちかもしれませんが、場合によっては目の症状以外にも、頭痛、肩や首のこり、吐き気などの全身症状としてあらわれることがあります。また、悪化するとイライラや抑うつなど、自律神経の働きにも影響を及ぼす可能性があるといわれています。

 

まとめ

眼精疲労は、目の症状だけにとどまらず、頭痛や肩こり、吐き気など、全身の症状につながる慢性的疲労です。眼精疲労の裏には、ドライアイや初期の緑内障、不適切な矯正や、初期の老眼、眼位の異常といった、様々な疾患・事象が隠れていることがあります。そのため、頭痛や目のかすみが続くなど、慢性的疲労を感じたら、放置せず病院や眼科に行くようにしましょう。