視力とは?
「視力」の定義と種類は?
眼科での検査方法や注意点を解説

視力と度数の関係

視力とは、対象物をどれだけ細部まで見分けられるかの能力を数値化したものです。

視力と度数はよく混同されます。度数とは、視力すなわちモノを見る力を矯正する度合いを数値で表したものです。コンタクトレンズやメガネを作るときは、度数を決定する「屈折検査」を行います。その結果をもとに度数が決定されます。

コンタクトレンズもメガネも同じく視力を矯正するものですが、コンタクトレンズは目に直接のせて使うのに対して、メガネの場合は目とレンズの間に距離があるため、コンタクトレンズとメガネで同じ度数のレンズを使っても見え方に差が生じることがあります。普段メガネを使用されている方も、コンタクトレンズを作る際は、改めて度数を調べてもらいましょう。

視力と度数の単位について

視力の単位

視力は、多くの人が「視力検査」と聞いて思い浮かべる、切れ目の入ったC字型のマーク(ランドルト環)を使って測定します。視力検査では、色々な大きさのランドルト環を使い、どのくらい狭い切れ目まで見分けられるか調べることで、「2つの点を別々のものと認識できる能力」を測定しています。直径7.5 mm・切れ目の幅1.5 mmのランドルト環を5 m離れた場所から見たときに切れ目を判別できる視力が、「視力1.0」と定義されています。

度数の単位

度数とは、簡単に言うと、近視や遠視といった屈折異常の程度のことです。「屈折異常を矯正するのに必要なレンズの強さ」と言い換えることもできます。「D(ジオプトリー)」という単位で表され、近視の場合はマイナス、遠視の場合はプラスの値になります。数値がゼロから離れるほど、いわゆる「度の強い」レンズが必要になります。

矯正の必要性はどう判断する?

メガネやコンタクトレンズの矯正の必要性は、ある程度目安はあるものの、個人の生活スタイルや年齢によって異なります。例えば、車の運転をする方は、片眼でそれぞれ0.3以上、両眼で0.7以上の視力になるよう、必要に応じて矯正が必要です。また、小学生では、視力が0.3未満(D判定)だと、教室の前の席からもメガネがないと黒板の文字を十分に見ることが難しく、0.3~0.6(C判定)の方も後ろの席からは黒板が見えにくいことがあります。まずは、どのような場面で矯正が必要なのか、考えてみましょう。

ただし、厚生労働省は、メガネを「一般医療機器」、コンタクトレンズを「高度管理医療機器」に指定しています。メガネやコンタクトレンズが必要かも、と感じた際には、あくまでも自己判断せずに、まずは眼科を受診して検査や診断を受けたうえで、眼科医の指示に従ってください。

視力の検査方法と視力の種類

裸眼視力と矯正視力

コンタクトレンズやメガネで矯正していない状態の視力を裸眼視力といいます。一方、コンタクトレンズなどで矯正した視力が矯正視力です。ちなみに、患者さん自身のコンタクトレンズやメガネではなく、検査用のレンズを使って矯正した視力も矯正視力と呼ばれます。

視力と度数に関する注意点

視力が同じでも人によって度数は違う

上で説明したように、「視力」と「度数」は違う尺度ですから、視力が同じ人であっても、使用するメガネやコンタクトレンズの度数が違うこともありえます。屈折異常の矯正に使うメガネやコンタクトレンズの度数は、目の状態や使用目的によって変わります。また、同じ人でもメガネとコンタクトレンズで度数が異なることもあります。メガネやコンタクトレンズを作る際には、視力検査の結果などから度数を勝手に判断せず、目に合ったものをきちんと眼科医に処方してもらうようにしましょう。

度数が合わないレンズの使用は危険

度数が合わないレンズを使用し続けると、眼精疲労、視力低下、遠近感がわからなくなるなどの症状が現われ、ひどくなると肩こり、頭痛、めまい、吐き気などを感じることもあります。また、眼に異常がある状態でコンタクトレンズの装用を続けると、重篤な眼の障害や失明につながる危険性があります。メガネやコンタクトレンズを使用する場合には、必ず眼科を受診して検査を受けてから、処方してもらうようにしましょう。度数が適正かどうか定期的にチェックを受けることも重要です。

レンズが合っているか確認するには?

自分の目に合ったレンズを使わないと、目や体に悪影響を与えてしまいます。目の状態は時間経過とともに変化していくことも多いので、定期的に眼科を受診して目の状態や視力の検査を受け、メガネやコンタクトレンズが現在の自分の目に合っているかどうか確認しましょう。

まとめ

視力とは、私たちの見える力を数値化したものです。視力低下が気になったら、眼科医に相談してみましょう。

参考サイト

・独立行政法人 医薬品医療機器総合機構:医療機器Q&A
https://www.pmda.go.jp/safety/consultation-for-patients/on-devices/qa/0006.html

・公益社団法人 日本眼科医会(https://www.gankaikai.or.jp/

・厚生労働省:コンタクトレンズを正しく使いましょう!
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/colorcontact/dl/tekiseishiyou.pdf

・一般社団法人 日本コンタクトレンズ協会(https://www.jcla.gr.jp/

 

瞳思いで、どこまでも。その悩み、コンタクトレンズとの相性かも?アキュビュー® を試してみませんか 詳しくはこちら瞳思いで、どこまでも。その悩み、コンタクトレンズとの相性かも?アキュビュー® を試してみませんか 詳しくはこちら

関連記事

関連するアキュビュー® のコンタクトレンズ

はじめてのコンタクトレンズガイド 調光機能を知る 購入方法を知る

コンタクトレンズを探す

1日使い捨てコンタクトレンズ

お手入れ方法
1日使い捨てのコンタクトは毎朝新しいレンズを使い、夜にはそのレンズは捨ててしまいます。よって、レンズケア商品を購入する必要はありません。

ライフスタイル
1日使い捨てのレンズはお手入れが簡単で扱いやすく、はじめてコンタクトをお使いになる方や、活発なライフスタイルをお過ごしの方におすすめです。

2週間交換コンタクトレンズ

お手入れ方法
毎日のシンプルなレンズケアで、安全に、そして清潔にご使用いただけます。夜間はコンタクト専用の保存液につけてください。

ライフスタイル
こちらのコンタクトは開封してから2週間お使いいただけます。安全に、そして清潔にお使いいただくために、毎日のシンプルなレンズケア(洗浄・消毒)を行い、夜間はコンタクト専用の保存液につけてください。

さあはじめましょうコンタクト

お近くのアキュビュー® 取扱い店をさがす

アキュビュー® 公式のオンラインストア

◎コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず事前に眼科医にご相談のうえ、検査・処方を受けてお求めください。
◎ご使用前に必ず添付文書をよく読み、取扱い方法を守り、正しく使用してください。
特にご注意いだきたいこと
●使用期間を超えることなく、定期的に新しいレンズと必ず交換してください(2週間交換タイプ)。
●使用済みレンズは再装着しないでください(1日使い捨てタイプ)。
●装用スケジュールおよび装用時間を正しく守ってください。
●定期検査は目に異常を感じなくても必ず受けてください。
●少しでも異常を感じたら、直ちにレンズをはずして眼科医の検査を受けてください。
●連続装用はできません。眠るときは必ずレンズをはずしてください。
●適切なレンズケアを行ってください(2週間交換タイプ)。

販売名:ワンデー アキュビュー オアシス 承認番号:22800BZX00049000

販売名:アキュビュー オアシス 承認番号:21800BZY10252000 ®登録商標

※ 装用感、見え方には個人差があります。