コンタクトレンズの正しい外し方のコツは?対処法と注意点を解説

眼科で何度もコンタクトレンズの外し方を練習し、外せるようになった!と思っても、自宅に帰って一人で外そうとしたらうまく外れない…ということはありませんか?コンタクトレンズを使い始めたばかりの頃は、うまく外せないことがあるかもしれませんが、コツさえつかんでしまえば、簡単に外せるようになります。ただし、間違った外し方をすると目にキズがつく原因になりますので、正しい外し方とコツを覚えましょう。この記事では、ソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズそれぞれの外し方や、外れないときの原因と対処法、外す際の注意点について解説します。

ソフトコンタクトレンズの外し方

ソフトコンタクトレンズは、目の上のレンズを直接つまんで外します。
レンズを外す前に手をきれいに洗って拭いておきます。爪は短く切り、長いネイルは避けましょう。
人さし指でレンズに触れ、レンズを少し下にずらすようにします。親指と人さし指の腹でレンズの下の方をつまみ、目から外します。その際、爪で目やレンズを触らないように気をつけてください。

ハードコンタクトレンズの外し方

ハードコンタクトレンズの場合も、ソフトコンタクトレンズ同様、爪は短く、レンズを外す前には手をきれいに洗いましょう。
ハードコンタクトレンズの外し方には二通りあります。

まばたきを使った外し方

まずは鏡を見て、レンズが黒目の上にのっているか確認しましょう。
目を大きく開き、レンズを外す目と同じ側の人さし指を目尻にあて、横に引っ張ります。やや上に引き上げるのがコツです。反対側の手は目の下に広げておきます。
そのまま軽くまばたきをするとレンズが外れるので、反対の手で受け止めましょう。

まぶたを使った外し方

鏡をみて、レンズが黒目にのっているか確認します。
利き手の人さし指を下まぶたに、反対の手の人さし指を上まぶたにあてて目を大きく開きます。上まぶたでレンズの上端を押さえ、下まぶたを指で押し上げ、まぶたで引っ掛けるようにしてレンズを外します。
レンズが床や排水溝に落ちてしまわないようにタオルなどを敷き、レンズを受け止めてください。

コンタクトレンズが外れない時の原因と対処法

原因① 目が乾燥している

目が乾燥していると、コンタクトレンズが黒目に張りついて取れなくなることがあります。特に、コンタクトレンズをつけたまま寝てしまうと、乾燥によって黒目に張りついてしまうことが比較的頻繁に起こります。このようなときに無理に外そうとすると、黒目に傷がついたり、コンタクトレンズが破損してしまうことがありますので、コンタクトレンズが黒目に張りついて動かない場合は、ゆっくりと何回かまばたきをしてコンタクトレンズに水分を含ませ、レンズが黒目の位置から動くようになったことを確認してから外しましょう。
なお、コンタクトレンズをつけたまま寝てしまうと、目が酸素不足になったり、感染症が起きやすくなったりします。コンタクトレンズは寝る前に必ず外してください。
※眼科医の処方を受けた連続装用可能なレンズの場合を除く

原因② 指が濡れている

ソフトコンタクトレンズの場合、レンズの素材によっては、指が濡れているとツルツル滑ってしまい、うまくレンズをずらしてつまめないことがあります。また、コンタクトレンズに水が付着すると変形や変色の原因になることがあるので注意が必要です。コンタクトレンズを外す前に手を洗ったら、しっかりと水気を拭き取りましょう。指についた水分をしっかり取るとレンズが滑らず、うまくずらしてつまめるようになります。

原因③ レンズが黒目からずれている

コンタクトレンズが黒目からずれてまぶたの裏に入るなどしてしまい、外せなくなる場合があります。レンズがまぶたの奥の方に入ってしまうと、「目の裏側に入ったかも」と心配になりますが、目の構造上、コンタクトレンズが目の裏に入ることはないので安心してください。ゆっくりとまばたきをしたり、目を左右上下に動かしたりすると、レンズが黒目の方に戻ってくることもあります。レンズが元の位置に戻ってきてから落ち着いて外しましょう。

コンタクトレンズを外す時のコツ

ソフトコンタクトレンズの場合

黒目と白目の境界部分にはわずかな段差があるので、レンズを黒目から少しずらすと外しやすくなります。レンズを黒目の少しだけ下にずらし、レンズの下の方を親指と人差し指でつまんで外しましょう。

ハードコンタクトレンズの場合

ハードコンタクトレンズは、専用のスポイトを使って外すこともできます。スポイト先端の吸盤部分をレンズに近づけると、レンズが吸盤に張りつくので簡単に外れます。まばたきやまぶたを使った方法でうまく外せない場合は、試してみると良いでしょう。

コンタクトレンズを外す際の注意点

ソフトコンタクトレンズの場合には、黒目の位置でコンタクトレンズを外さないように注意してください。
黒目には三叉神経という神経が走っているため、傷がつくと強い痛みを感じます。コンタクトレンズが黒目の位置にある状態で外そうとすると、傷がつきやすいので危険です。外すときは必ずレンズを黒目の下側へ少しずらし、コンタクトレンズの下端をつまんでください。

まとめ

コンタクトレンズを初めて処方してもらうときにコンタクトレンズの外し方を教えてもらいますが、慣れるまでは、自宅で一人で外してみると外すのに時間がかかってしまうことが多いと思います。慣れればすぐに外せるようになりますので、最初は時間がかかっても焦らず落ち着いて外してみてください。
外す前には忘れずに手を洗いましょう。誤った方法で外すと黒目に傷がついてしまうことがありますので注意してください。上記の方法を試してもどうしても外せない場合は、無理をせず眼科を受診しましょう。

瞳思いで、どこまでも。その悩み、コンタクトレンズとの相性かも?アキュビュー® を試してみませんか 詳しくはこちら瞳思いで、どこまでも。その悩み、コンタクトレンズとの相性かも?アキュビュー® を試してみませんか 詳しくはこちら

関連記事

コンタクトレンズの使用方法

コンタクトレンズを安心して快適にご使用いただくための情報をご紹介します。

コンタクトレンズの使い方

製品を正しく装用する上で知っていただきたい情報を詳しく解説しています。

コンタクトレンズの装用方法とはずし方

コンタクトレンズの正しい装用の方法と、はずし方について詳しく解説しています。

はじめてのコンタクトレンズガイド 調光機能を知る 購入方法を知る

コンタクトレンズを探す

1日使い捨てコンタクトレンズ

お手入れ方法
1日使い捨てのコンタクトは毎朝新しいレンズを使い、夜にはそのレンズは捨ててしまいます。よって、レンズケア商品を購入する必要はありません。

ライフスタイル
1日使い捨てのレンズはお手入れが簡単で扱いやすく、はじめてコンタクトをお使いになる方や、活発なライフスタイルをお過ごしの方におすすめです。

2週間交換コンタクトレンズ

お手入れ方法
毎日のシンプルなレンズケアで、安全に、そして清潔にご使用いただけます。夜間はコンタクト専用の保存液につけてください。

ライフスタイル
こちらのコンタクトは開封してから2週間お使いいただけます。安全に、そして清潔にお使いいただくために、毎日のシンプルなレンズケア(洗浄・消毒)を行い、夜間はコンタクト専用の保存液につけてください。

さあはじめましょうコンタクト

お近くのアキュビュー® 取扱い店をさがす

アキュビュー® 公式のオンラインストア