Skip to main content

サイト内検索

メガネとコンタクトレンズの度数の違い

メガネとコンタクトレンズは一般的な視力矯正手段ですが、どちらも度数は同じになると思っている方は多いのではないでしょうか? 今回は、そもそも度数とは何か、またメガネとコンタクトレンズの度数の違いについてご紹介していきます。

度数とは何か

「度数」と「視力」は同じ意味だと思われがちですが、実は異なります。

「視力」は、例えば動体視力や深視力など、いわゆる私たちの「見える力」を数値化したものです。一方、「度数」は、その「見える力」を目に発揮させるために必要なレンズの強さを数値化したもので、メガネやコンタクトレンズが持つ矯正力を表しています。

メガネとコンタクトレンズの度数の違い

「コンタクトレンズを作る時、メガネと同じ度数で大丈夫だろう」と思っていませんか? メガネとコンタクトレンズの度数は違うことがあるため、注意が必要です。

例えば「コンタクトレンズはメガネに比べ、目に密着しているため、メガネを作る時よりも度数を弱くする(強い近視の場合)」など、矯正手段によって度数が変わることがあります。

そのため、「メガネとコンタクトレンズを同じ度数にする」と自己判断を行うのではなく、それぞれ眼科医の処方に沿った度数のものを使用してください。

おわりに

視力を矯正する際は、眼科で検査を受け、眼科医の処方に沿って自分の目にあった度数のものを使用しましょう。

関連記事

さあはじめましょうコンタクト

お近くのアキュビュー® 取扱い店をさがす

アキュビュー® 公式のオンラインストア