Skip to main content

老眼のサインとは?

目次

1 老眼とは?

2 老眼サイン

3 老眼のコンタクトレンズとは? 

4 まとめ

 

 

老眼とは?

老眼とは、加齢が原因で目のピント調節力が下がり、近くのモノが見えにくくなるなどの症状のことをいいます。

 

人は近くのモノを見るとき、目の中にある水晶体を厚くすることで目に入った光を大きく屈折させ、ピントを合わせています。しかし、水晶体が加齢によりかたくなっていくと、水晶体の形を変えることで行なわれていたピント調整力が下がり、結果として小さな文字などが見えにくくなるという症状が出てきます。

 

 

 

老眼サイン

下記のような症状が出てきたら、老眼の可能性があります。

 

  • スマートフォンや新聞の文字などの小さくて細かい字が読みづらい
  • ピントが合わせづらく、ぼやけて見える
  • うす暗いところでモノが見えづらい

 

モノを見る距離が以前と比較し遠くなったと感じたら、ピント調節力が低下しているサインかもしれません。

 

 

老眼を矯正するコンタクトレンズとは?

老眼の視力矯正方法の一つに、『遠近両用コンタクトレンズ』があります。今回は遠近両用のソフトコンタクトレンズについて紹介します。

 

遠近両用ソフトコンタクトレンズは、一枚のレンズの中に、遠くを見るための度数と近くを見るための度数が同心円状に配列されており、見るモノの距離によって目線を大きく変える必要がなく、近くも遠くも自然に見えやすいのが特徴です。また、デザインもさまざまなタイプがあります。

 

 

おわりに

老眼かも?」と自覚症状が出てきた際や、老眼の自覚がない場合でも「近くのモノが見えづらい」などと感じた際には、自己判断はせず、眼科で相談されることをおすすめします。