Skip to main content

サイト内検索

スポーツをする時の コンタクトレンズ装用に
ついて

今回は、スポーツをする時のコンタクトレンズについてご紹介します。

スポーツをする時のコンタクトレンズ

ご存知の通り、コンタクトレンズにはハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズがあります。ハードコンタクトレンズは硬い素材でできており、優れた見え方を実現できますが、スポーツ中の衝撃によりレンズがずれることがあります。一方、ソフトコンタクトレンズは柔らかい素材でできており、ずれにくく、特に動きの激しいスポーツをする方にはおすすめのコンタクトレンズといえるかもしれません。

また、ソフトコンタクトレンズには2weekタイプのコンタクトレンズのように定期的に交換が必要なタイプと1日使い捨ての1dayタイプがあります。スポーツをする時だけコンタクトレンズが必要というような方は1日使い捨ての1dayタイプのほうが便利でしょう。
※自分がどのコンタクトレンズがあっているかは自己判断せず、眼科医に相談してください

スポーツや視力に関するよくある質問

Q1, 目が良くなると、スポーツがうまくなりますか?

A. 大事なのは「視力」と「パフォーマンスの向上」、両方の向上。ふたつが揃って向上して、初めて競技成績は上がります。

競技成績向上のためには、いくつかの条件がそろう必要があります。「視覚の向上」と「パフォーマンスの向上」(身体能力、競技の技術や経験などが十分に発揮される状態)、さらに試合の経験が豊富なこと、競技場の環境や、試合の時に眼や体の調子や精神状態が良いことなどがそろって、はじめて「競技成績の向上」につながります。競技の成績には選手の技術や経験、コンディションなどさまざまな要素が影響しますが、視力の果たす役割も大きいと言えます。

Q2, 視力矯正で、競技成績が上がった例はありますか?

A. プロ野球選手の中には、視力矯正後に競技成績がよくなった例も多く存在しています。あまりよくない視力が影響して競技能力を十分発揮できていない場合、改善が期待できるでしょう。

競技中見にくさを感じたり、見にくく無くても競技成績が思わしくないときは、眼科での検診を受けてみるのも良いでしょう。

※ 事例はこちら

※ すべての方にあてはまる訳ではありません

Q3, 「視力」はどんなスポーツでも大事ですか?

A. 「視力」の影響は、競技によっても異なります。でも、ほとんどのスポーツ※において、十分なパフォーマンスを発揮するためによい視力でプレーすることはとても重要といえます。

※ ブラインドサッカー等の一部競技を除く

競技によって視力の影響は異なります。野球・卓球・サッカーのような速いボールを追いかけるスポーツでは視力の影響が大きいことが分かっており、「視力が低下するとスポーツの能力が低下する」というデータもあります。良い視力でスポーツをすることはアスリートにとってはとても大切なことといえるでしょう。

Q4, プロはみんな視力がいいんですか?

A. 視力は競技能力を発揮するうえでとても重要。視力が悪い選手でも、その多くが視力矯正をして競技に臨んでいます。

トップアスリートの視力を競技別に調べてみたところ、良い視力で競技をしている人が多いのは「球技」、あまりよくない視力で競技をしている人が多いのは「格闘技」という結果が得られました。

サッカー・野球・バレーボール・卓球など、速い球や小さい球を追う必要のある競技の選手は良い視力で競技をする必要性を感じているようです。また、ワールドカップやオリンピックの選手たちの視力を調べた結果、代表選手のほうが候補選手よりも良い視力で競技をしていたデータもあります。

Q5, 練習中の日差し、目に悪いって本当?

A. 紫外線はスポーツをする人の目に大敵。サングラスやUVカットのコンタクトレンズで大切な目を守りましょう。

紫外線を多く浴びると、瞼裂斑(白目の一部がシミのように黄色く濁って盛り上がってしまう病気の一種)になりやすく、子供のころ紫外線を多く浴びたと感じている人では、6割以上に瞼裂斑の症状が現れるといわれています。眼への紫外線対策としてまず挙げられるのはサングラスですが、皆さんの場合、部活中には着用が許されないこともあるでしょう。UVカットつきの眼鏡や、UVカットコンタクトレンズの装用、目の前に影を作ることが出来る帽子等を併用するのもおススメです。

Q6, メガネでプレーしてもいいですよね?

競技によって最適な方法を選ぶことが大切ですが、トップアスリートの視力矯正について調べたところ、矯正している人の約90%がコンタクトレンズを使用していました。視力の変化に応じてこまめに調整できることが、コンタクトレンズのメリットと言えるでしょう。

おわりに

どれだけ対策をしていても、スポーツ中に予期せぬトラブルでコンタクトレンズが使えなくことがあるかもしれません。スポーツをするときは予備のコンタクトレンズやメガネを用意しておくなど、万が一に備えておいたほうが良いでしょう。

遠くまでくっきり、ハッキリ、鮮やかに。 スマート調光なら、一日中、変化する様々な光に自動で対応。
あなたの大切な瞬間を、よりくっきり、ハッキリ、鮮やかに。

関連記事

コンタクトレンズの使用方法

コンタクトレンズを安心して快適にご使用いただくための情報をご紹介します。

コンタクトレンズの使い方

製品を正しく装用する上で知っていただきたい情報を詳しく解説しています。

コンタクトレンズの装用方法とはずし方

コンタクトレンズの正しい装用の方法と、はずし方について詳しく解説しています。

はじめてのコンタクトレンズガイド 調光機能を知る 購入方法を知る

コンタクトレンズを探す

1日使い捨てコンタクトレンズ

お手入れ方法
1日使い捨てのコンタクトは毎朝新しいレンズを使い、夜にはそのレンズは捨ててしまいます。よって、レンズケア商品を購入する必要はありません。

ライフスタイル
1日使い捨てのレンズはお手入れが簡単で扱いやすく、はじめてコンタクトをお使いになる方や、活発なライフスタイルをお過ごしの方におすすめです。

2週間交換コンタクトレンズ

お手入れ方法
毎日のシンプルなレンズケアで、安全に、そして清潔にご使用いただけます。夜間はコンタクト専用の保存液につけてください。

ライフスタイル
こちらのコンタクトは開封してから2週間お使いいただけます。安全に、そして清潔にお使いいただくために、毎日のシンプルなレンズケア(洗浄・消毒)を行い、夜間はコンタクト専用の保存液につけてください。

さあはじめましょうコンタクト

お近くのアキュビュー® 取扱い店をさがす

アキュビュー® 公式のオンラインストア