Skip to main content

サイト内検索

サイト内検索

【遠近両用コンタクトレンズの基礎知識】 加入度数とは?調整の方法も

老眼とは、加齢により水晶体のピント調節力が低下し、例えば近視の方であれば、近視の眼鏡をはずさないと近くが見えづらい、遠くはよく見えるが近くにピントが合わせづらいなどという状態を指します。

 

そんな老眼を助けてくれるのが遠近両用コンタクトレンズです。遠近両用タイプのコンタクトレンズには加入度数と呼ばれる度数が含まれており、この加入度数によって、近くのモノの見えづらさを矯正しつつ、遠くのモノも快適に見えるよう矯正しています。

 

今回は遠近両用コンタクトレンズと、加入度数について詳しく解説していきます。

 

 

目次

1 加入度数とは

2 アキュビュー® の遠近両用コンタクトレンズ

3 おわりに

 

 

加入度数とは

そもそも、近くを見るための度数と、遠くを見るための度数が違うことをご存知でしょうか?加入度数とはその2つの度数の差のことです。

 

遠近両用コンタクトレンズの場合、レンズの場所によって度数を変え、同一レンズ内で加入度数を意図的に作っています。

 

 

加入度数は近くの見えにくさに応じて3種類から度数を調整します(メーカーより異なります)。加入度数を上げると、近くは見えやすくなります。しかし、度数を上げれば上げるほど良好な見え方を得られるというわけではありません。

 

そのため、自分に適した加入度数は、眼科で調べてもらう必要があります。あっていない加入度数コンタクトレンズを装用していると目が疲れたり、よく見えなかったりしてしまいます。

 

また、老眼鏡とコンタクトレンズでは、度数が一致するとは限らないため、「使用している老眼鏡と同じ度数で大丈夫」と自己判断せず、必ず眼科で調べてもらいましょう。

 

 

アキュビュー® の遠近両用コンタクトレンズ

アキュビュー® シリーズの遠近両用コンタクトレンズは、「ワンデー アキュビュー® モイスト® マルチフォーカルです。

 

1dayタイプの遠近両用コンタクトレンズで、年齢や度数による瞳孔径の違いに着目した光学部設計を採用しており、さまざまな状態の目に適したレンズを選んでいただくため、171パターンの異なる光学部設計を用意しています。

 

https://acuvuevision.jp/contact-lenses/acuvue-moist-multifocal

 

 

おわりに

遠近両用コンタクトレンズは、遠くを見るための度数ばかりでなく、加入度数もあっているものを使用する必要があります。そのため、使用を検討している方は、まずは眼科で検査を受けてみてください。既に遠近両用コンタクトレンズを使用している方も、適切な加入度数は年齢とともに変わっていくため、定期健診を行い、自分の目にあったコンタクトレンズの使用を心がけてください。

 

 

 

 

 

関連記事

さあはじめましょうコンタクト

お近くのアキュビュー® 取扱い店をさがす

アキュビュー® 公式のオンラインストア